FC2ブログ

よみあとろぐ

40代サラリーマン徒然日記、雑記。日々読了本、興味を持った本(主にミステリー、ビジネス書っぽいの)ほか個人的備忘録。ときどき愚痴。*本や映画のこと書きますが、ネタバレは基本ありません。たぶん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「私の死亡記事」読。

まいど。

過日、実家の整理をしておりますと「私の死亡記事」なるものを発見し、思わず再読する。

2000年8月に執筆依頼状を送り、102名の死亡記事が編纂された企画。
ルールは簡単である。
三人称で。名前、生年月日、出身地、現在の肩書は事実を書いてほしいが、
没年(当然架空)、経歴、代表作は自由。
既存の形式にとらわれず、おまかせ。

なんとウィットに富んだ企画であろうか。

私の死亡記事 (文春文庫)私の死亡記事 (文春文庫)
文芸春秋

文藝春秋 2004-12-01
売り上げランキング : 581711

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2004年の文庫化にあたり追加された12名をあわせての文庫化。
この4年の中でも数名が無くなり、今現在2018年においてはさらに多くの方が現実に亡くなっている。合掌。

ちなみに執筆者は皆まで書かないが、、、、

阿川弘之、阿部譲二、阿刀田高、嵐山光三郎、荒俣弘、泉麻人、荻野アンナ、小沢昭一、ガッツ石松、
桐野夏生、黒川紀章、児玉清、小林カツ代、佐木隆三、篠沢秀夫、鈴木健二、関川夏央、妹尾河童、
高野孟、高峰秀子、立松和平、俵孝太郎、筒井康隆、田辺聖子、中村敦夫、夏目房之介、馬場あき子、
林望、ひろさちや、堀田力、穂村弘、みうらじゅん、南伸坊、森毅、山本夏彦、横尾忠則、米原万里、渡辺えり子、などなど。



印象に残った数名を挙げてみる。

◆西部邁「自殺できて安堵しております」
記憶に新しい入水自殺した同氏だが、本作では薬物による自殺。
銃器を使用するのが、念願だったが、当てにしていた2人の人間とも亡くなってしまい、
やむなく薬物にしたとある。

現実>
評論家の西部邁(にしべすすむ)さん(当時78歳)が今年1月に死亡した際、
西部さんの自殺を手助けしたとして、警視庁は5日夜、いずれも西部さんの知人、
○○○の子会社社員○○○○(××)=東京都○○区○○×丁目=と、
会社員○○○○(××)=埼玉県○○市○○×丁目=の両容疑者を自殺幇助(ほうじょ)の疑いで逮捕し、
発表した。ともに容疑を認めているという。(2018年4月5日・一応伏せ字)


◆辺見じゅん「長寿記録保持者、予定日に逝く」
2068年129歳で亡くなる。
ロボット介護猿、200歳延命プロジェクトなどSF感。

◆毛利子来「たぬき先生、腹上死」
氏としては理想の往来であったと思われる。
相方は謎。死亡時期も判明しない。
「葬儀はするな」と生前に希望していたが、妻は「死んでからも指図する気か」と一蹴。恐妻家だった。

◆阿川佐和子「とうとう最後まで」
ポスト吉永小百合か、オードリーヘップバーンの再来かと騒がれ…独身を通した。
美人長命という言葉が辞書に載るようになったのは、阿川さんがきっかけであったとは、
あまり知られていない話である。享年九十六。
実際はご結婚されましたね。おもしろい。

◆安野光雅「趣味は嫉妬」
老衰による心不全。
葬儀・告別式はインターネットホームページ上にて。
友人代表、喪主挨拶などを記載。
弔電、氏名記帳あいうえお順。
期間を過ぎると葬儀は終わる。

◆高樹のぶ子「動機は不明、便箋に別れの言葉」
85歳。ピストル自殺。
動機は不明。遺書の1通は警察宛でピストルの入手経緯を記す。
葬儀は無宗教の献花のみ。
シンプルな最後。

◆山藤章二「長居は無用」
去り際を大事に考える東京人らしい。

◆渡邉恒雄「カラスの駆除中、転落死」
2021年94歳で死去。生前本人が選曲したものを読売日本交響楽団により演奏する音楽葬。
読売新聞政治記者時代、社長時代、巨人軍オーナーとしての活動に触れつつも、この死因はなんとも。


人の「死に方」とは、これまでの「生き方」である、、、
と誰が言ったかは知らないが、人それぞれ。
面白くもあり、よく分からなくもある。

時間ができたら「実際との対比表(エクセルで作成、本人が亡くなれば都度更新)」
をつくってみようかと思ったが、無粋なので今のところやめておく。

ではでは。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2018/05/10(木) 00:29:41|
  2. 思考・哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伊坂幸太郎「火星に住むつもりかい? 」読。 | ホーム | 田中慎弥「田中慎弥の掌劇場」読。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yomiato.blog40.fc2.com/tb.php/648-194a6f08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。