よみあとろぐ

40代サラリーマン徒然日記、雑記。日々読了本、興味を持った本(主にミステリー、ビジネス書っぽいの)ほか個人的備忘録。ときどき愚痴。*本や映画のこと書きますが、ネタバレは基本ありません。たぶん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

井上真偽「その可能性はすでに考えた」読。

まいど。

クリエイティブな作業において、もうこれ以上「全く新しいもの」なんてできないのではないか、と考えることがある。
歴史ある分野であれば尚更、見渡す限りの数々の先人たちが考えてきた方法、結果。
今、思いついたコレも、かつてのアレに似たものに過ぎない。

もう誰も発想していないものなんてないのでは?
そんなことを思い悩む?凡人の小生が、、、
驚きの「こんなことができるのか!!」と感じる一作を読了。

その可能性はすでに考えた (講談社文庫)その可能性はすでに考えた (講談社文庫)
井上 真偽

講談社 2018-02-15
売り上げランキング : 21103

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


緻密な設定、巧みな推理もありなん、
この設定が驚き。

ぶっちゃけ、マジか!!
からの、、、なるほどねえ~というやつです、はい。


通常、探偵は難解なトリックを崩し、犯人と犯行を立証するものであろうが、
本作の探偵は「奇蹟がこの世に存在すること」を証明するため、
すべてのトリックが不成立であることを立証する…?

「謎はすべて解けました。これは――奇蹟です。」

かつて、カルト宗教団体が首を斬り落とす集団自殺を行った。
その十数年後、唯一の生き残りの少女は事件の謎を解くために、
青髪の探偵・上苙丞(うえおろじょう)と相棒のフーリンのもとを訪れる。

彼女の中に眠る、不可思議な記憶。
それは、ともに暮らした少年が首を切り落とされながらも、
少女の命を守るため、彼女を抱きかかえ運んだ、というものだった――。
首なし聖人の伝説を彷彿とさせる、その奇跡の正体とは……!?


「反証は確かな事実と証言のみに基づかねばならぬ」というルールのゲーム
登場人物、設定のラノベ感?
文章の軽さ?
アニメにしたら良さそう?

まぁ多様な感想はあるでしょうが、
まだまだ(アンチ)ミステリーの世界は深い!!
そんな「希望」の一作です。

奇蹟は最も美しい真実である。
人間に奇蹟が可能なことを証明したい。


なんやかんや言うてね、
正直、万分可笑(ちゃんちゃらおかしい)ところもありますが?
本格ミステリーに疲れたら、箸休めにどうぞw

現場からは以上です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2018/03/22(木) 00:27:13|
  2. あ行作家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<麻耶雄嵩「隻眼の少女」読。 | ホーム | 綿矢りさ「かわいそうだね?」読。>>

コメント

書評でつながる読書コミュニティ・本が好き!のご案内

突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビュアーの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
  1. 2018/04/03(火) 21:22:13 |
  2. URL |
  3. 本が好き!運営担当 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yomiato.blog40.fc2.com/tb.php/644-6aefd0c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。