FC2ブログ

よみあとろぐ

40代サラリーマン徒然日記、雑記。日々読了本、興味を持った本(主にミステリー、ビジネス書っぽいの)ほか個人的備忘録。ときどき愚痴。*本や映画のこと書きますが、ネタバレは基本ありません。たぶん。

歌野晶午「ずっとあなたが好きでした」読。

まいど。

偶然見つけた文庫本。
表紙イラストに騙されがちなみなさんこんにちは!

みんな大好き?サプライズミステリー名手の歌野晶午。
坂本冬美かビリーバンバンか!?(古いw)みたいなタイトルの1冊を読了。

ずっとあなたが好きでした (文春文庫)ずっとあなたが好きでした (文春文庫)
歌野 晶午

文藝春秋 2017-12-05
売り上げランキング : 52102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



男性主人公の年齢も場面も境遇も違う多様な恋愛13編。

惚れっぽいのか、浮気性なのか。
近くにいる異性には、声かけないと気が済まない性分のなのでしょう。

男性として尊敬しますw



「ずっとあなたが好きでした」
中3年男子。年齢を偽ってのアルバイト。年上の女性に憧れを抱くも、社員からの嫌がらせ。

「黄泉路より」
50代での離婚。希望を失い自殺サイトに辿り着く。そこで知り合った女性に好意を持つも。

「遠い初恋」
小学生男子。東京から「転校生(女の子)」が来た。
そしてすぐに忘れてしまった。

「別れの刃」
大学生。劇団サークル。芝居の道具として拾われた男と体験取材の年上女。
痛い痛い。助けて助けて。

「ドレスと留袖」
40代。名古屋での単身赴任に多少の遊び。東京に戻った時、自分のそばに寄り添っているのは誰だろうか。

「マドンナと王子のキューピッド」
ひとりぼっち高校生はラジオに頼る。ラジオを通じて彼女にラブレター。

「まどろみ」
就職、恋愛、結婚、親。考えないといけないことはたくさんあるが、今はまだ。ぬくぬくとした状態のままで。
かわいい。

「幻の女」
ただ生きていくだけの底辺に落ちぶれた50代。少しばかりの酒だけが安らぎ、その日暮らしの非正規労働者。
事件があれば、一番に疑われる男があった謎の女は何者か?気になる。

「匿名で恋をして」
ネットで知り合う恋。

「舞姫」
フランス人とダンサーの恋そして事件。期間が来れば帰国、それが終わりのはず。

「女!」
ドンファン、カサノヴァ、世之介(好色一代男)の大学生。
若いからこそのトラブルも可愛くあり?

「錦の袋はタイムカプセル」
60歳。人生のリセットか。生まれ故郷に帰ってきた男。偶然出会う同級生との恋心。ネタバレ編。

「散る花、咲く花」
認知症の義父を献身に世話する女性。それに付き合う男性。最後に花屋の女性。


歌野晶午が普通の恋愛小説書くわけなく。
完璧な綽名。結婚離婚で性が変わる。他人の戸籍を買う。偽名。認知症による誤解。
女装趣味。あらゆる固定観念。
・・・これらがトリックの要素。鉄板ですな。

気づかなかった伏線も多いだろうし、忘れたころに再読する、たぶん。

ほなまた。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2018/02/14(水) 00:21:51|
  2. 歌野 晶午
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<綿矢りさ「かわいそうだね?」読。 | ホーム | 「京都迎賓館」訪。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yomiato.blog40.fc2.com/tb.php/641-8e004b8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)