よみあとろぐ

40代サラリーマン徒然日記、雑記。日々読了本、興味を持った本(主にミステリー、ビジネス書っぽいの)ほか個人的備忘録。ときどき愚痴。*本や映画のこと書きますが、ネタバレは基本ありません。たぶん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「時の罠」読。

まいど。

年末。帰省の準備。同窓会の誘いを丁寧にお断り。
何かと忙しく、面倒な昨今。
いかがお過ごしですか?

随分前に読み終えてたものの、
理由なき面倒さで、ざっくり読書メモ。

時の罠 (文春文庫)時の罠 (文春文庫)
辻村深月 万城目学 湊かなえ 米澤穂信

文藝春秋 2014-07-10
売り上げランキング : 13860

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4人の人気作家による「時」をテーマにしたアンソロジー


「タイムカプセルの八年」辻村深月
「トシ&シュン」万城目学
「下津山縁起」米澤穂信
「長井優介へ」湊かなえ

以上4作が収録。


辻村深月と湊かなえは、タイムカプセルのネタ被り?
4作しかないアンソロジー1冊の本としてはいかがなものかと思われ。
出版社的にね。

万城目学は、やはり万城目学らしい作。
米澤穂信は、ちと難解。人間だけでなく自然にも魂があるもの。今風に言えば擬人化?





さて閑話休題。ダブりネタ。
小生は「タイムカプセル」を埋めた記憶はないが、
例えば小学生の時、タイムカプセルを埋めるとするならば、何を書いたのか?
10年後、15年後?いつか開けたとき、どう思うのか?
今となっては叶わぬことですが、ふと考えます。
どうせ、なんだか照れくさく、しょうもないこと書いたに違いないでしょう。
時が経てば、忘れるもの。
なに書いてもええやん!な筈ですがね。



昨今の子どもたちは、タイムカプセルやってるのかな?

クラス単位のSNSがあり、みな書いた本人だけしかみることができないスレッドが立ち、
そこにみんなは投稿する。一度投稿してしまえば、修正も再び見返すこともできない。
クラス全員の投稿が終われば、そのスレッドはロックされ、スレッド自体が見えないように。
設定した20年後のある日、クラス全員が登録済みのメルアドに専用IDとPassが送られ、
クラスみんなの投稿が見られるように。
みんなそれぞれに感想をSNSに書き込み・・・

なんて時代はイヤやな、ほんま。


ではでは。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/12/24(日) 23:35:30|
  2. た行作家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1月も9日になりアレですが。 | ホーム | 「ビジネスモデル全史」読。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yomiato.blog40.fc2.com/tb.php/633-a7e69b6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。