よみあとろぐ

40代サラリーマン徒然日記、雑記。日々読了本、興味を持った本(主にミステリー、ビジネス書っぽいの)ほか個人的備忘録。ときどき愚痴。*本や映画のこと書きますが、ネタバレは基本ありません。たぶん。

驚きと感動と私。

まいど。
クールなダンディで通っていますが実は熱い気持ちを胸に秘めている小生でございます。
・・・なんか、すいません。

さて天気良い過日、大阪は万博記念公園へ。

言わずとしれた太陽の塔をシンボルとした公園一帯は緑豊かな自然公園から日本庭園、広々とした芝生広場、
レクレーション施設まである素晴らしいところ。

その中、大阪に住んで暫らく経つが、初めて「EXPO'70パビリオン」を見学。

大阪万博が演出した未来: 前衛芸術の想像力とその時代大阪万博が演出した未来: 前衛芸術の想像力とその時代
暮沢 剛巳 江藤 光紀

青弓社 2014-08-02
売り上げランキング : 706759

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


正直、大したことないと思っていたが、
1970年大阪万博の様子が分かる常設展だけでも素晴らしいもの。
http://www.bmkkc.or.jp/expo70pavilion/publics/index/15/

当時最先端な文化、デザイン、建築(各パビリオン)など。
来場者が、世の中が、この万博に如何に驚き、熱気を帯び、感動を受けたか、今では想像しがたいものであろう。



大阪では、また万博招致の動きが進んでいる。
万博開催自体を否定するつもりもなく、経済活性化の一助になることは間違いない。

ただ、あれほどのインパクトや感動を人々に与えるものができるのだろうか?


大阪万博(1970)時、当然まだ生まれてなかった小生だが、記憶を紐解くと・・・

「科学万博つくば'85」 →当時小学生の小生は素直に感動したものと思われる
「花の万博EXPO'95」 →大阪鶴見緑地。行ってない。記憶にない。
「愛・地球博2005」  →愛知県。すっかり大人な小生「ほぅ・・・」と感心。


そんな感じ?

社会は着実に成長しようとも、高度成長時代の目覚ましい進化はなく(たぶん)、
誰もが熱気に帯びることはも少なく、どこか冷めた目で見てしまう人々。


というわけで、自問自答。
自分は何に出会うと、心の底から驚くか、感動するか?

「最高の音楽イベントを体験」
「素晴らしいアート、芸術作品に出会った瞬間」
「国内外の絶景に遭遇」

その一瞬は最高に感動する!
特定の好みや何かしらのファン層の心には抜群に響く!
・・・みたいなことはあるだろう。

ただ、大多数殆どの人間が一つのことに感動するものとは?
オリンピックやW杯サッカーなどのスポーツイベントくらい?

IoT、AI、様々な想像する未来・・・
自分の想像力が固まっているのか。
星新一の小説やSF映画を見過ぎなのか。
地球上では目新しいイベントは存在しないのか。


皆様はいかがですか?

岡本太郎と太陽の塔 (小学館クリエイティブビジュアルブック)岡本太郎と太陽の塔 (小学館クリエイティブビジュアルブック)
平野 暁臣

小学館クリエイティブ 2008-06
売り上げランキング : 372473

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「万人の驚き」・・・こうなったら、宇宙人でも捕まえるしかないなw

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

  1. 2017/05/08(月) 00:22:25|
  2. 戯言・その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「20の短編小説」読。 | ホーム | 「教養としての10年代アニメ 」読。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yomiato.blog40.fc2.com/tb.php/604-9f14d7af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)