FC2ブログ

よみあとろぐ

40代サラリーマン徒然日記、雑記。日々読了本、興味を持った本(主にミステリー、ビジネス書っぽいの)ほか個人的備忘録。ときどき愚痴。*本や映画のこと書きますが、ネタバレは基本ありません。たぶん。

許すはよし、忘れることはなおよし。


人々の労働生産性向上が人口減少による経済の落ち込みを解消するとか、
長時間労働の是正、サービス残業を無くすこと繋がるとか、頭がいい評論家や官僚、政治家がおっしゃる昨今、いかがお過ごしですか?

日本の労働生産性(1人あたり)は、なんでも経済協力開発機構先進7カ国(G7)で最下位とか。

いやいや小生も、どちらかというと
「楽してお金を稼ぎたい」「無駄な仕事はしたくない」「できれば働かずして美味いもの食いたい」という方なので、何気なく↓読む。

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方
ちきりん

ダイヤモンド社 2016-11-26
売り上げランキング : 1931

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





時間を有効に使い、無駄を排除。
物事を俯瞰してみながら・・・と、よくある話かもしれませんが、たまにこんなんパラパラ捲った方がよいのは事実。
すぐには真似できないし、自分だけ変えても難しいこと多い世の中ですけど、考えることは忘れたくないし。

ひとつ面白かったのは、福祉制度という考え方だけでなく、生産性の低い人を労働市場から排除するためのベーシックインカムな考え方。
ほぅ。。。「金はやるから働かずにいてくれ」と言われる社会。

寂しい気もしますが、人は何かに「生き甲斐」を見つけるもの、
ボランティアだったり、趣味だったり、体を動かしたり・・・たぶん。


こういう話でいつも思うのは、
「完璧を求めすぎない」ということ。

部下に依頼する社内資料は「時間をかけない範囲で、内容が分かればいいから、無駄なパワポは当然不要」。

飲食店で、こっちは金払ってるんだからさぁ、、みたいな雰囲気出さない。
過剰なサービスを要求しない。


過剰なサービスより、かわいい女の子の「ありがとう」な笑顔で十分。
「寛容」な心をもって、穏やかに暮らしましょう。

あっ、これ家庭でも同様ですよ、奥様!「寛容に寛容に」

許すはよし、忘れることはなおよし。
イギリスの詩人ロバート・ブローニング 「断片」

年収10倍アップの時間術年収10倍アップの時間術
永田 美保子

クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 2017-02-20
売り上げランキング : 31106

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/02/19(日) 22:29:08|
  2. ビジネス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大人の男女とリスク?そっと目耳を閉じるのだ。 | ホーム | 伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」読。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yomiato.blog40.fc2.com/tb.php/589-4d1c622d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)