よみあとろぐ

40代サラリーマン徒然日記、雑記。日々読了本、興味を持った本(主にミステリー、ビジネス書っぽいの)ほか個人的備忘録。ときどき愚痴。*本や映画のこと書きますが、ネタバレは基本ありません。たぶん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

祝!「一の悲劇」ドラマ化/法月綸太郎「キングを探せ」読。

大変失礼ながら、我らが「ノリリンシリーズ」は日陰の作品と思っておりましたら、まさかのフジテレビでドラマ化!
『金曜プレミアム・誘拐ミステリー超傑作 法月綸太郎 一の悲劇』
2016年9月23日放送
法月綸太郎/長谷川博己、
法月貞雄 (警視・綸太郎の父)/奥田瑛二

ご覧になりましたか?
SNSのトレンドにも入っていたので、思ったよりネタに?

これはひょっとして次回作もあるか??
なんて思いながら、本棚から物色したら唯一発見したので再読。

キングを探せ (講談社文庫)キングを探せ (講談社文庫)
法月綸太郎

講談社 2015-09-15
売り上げランキング : 17835

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


理屈っぽくて面倒くさい小説だな、やっぱりw
自分なりのメモをつくりながら読むと理解しやすいと思います。





「プレゼント交換」と「交換殺人」の理屈は同じ。
自分の出したものが戻ってこずに、全員が自分以外の人からプレゼントをもらえるならば替えのパターンはいくつある?
→モンモール数(完全順列)
今回の交換殺人4人の場合は、ちょっと違う。
2人ずつの素朴な交換殺人×2組のパターンがあり、4人の共謀メリットがない。
従って、パターンは9-3の6パターンとなる。
*「美しい数学」とかいうネタに出てくるらしいが、小生には全く理解できませんw



まぁ、あんまり書いていくとネタバレしてしまうので、ドラマの話に戻します。
皆さんも同様と思いますが、「作家名=物語の主役名」の本シリーズでは、読みながら作家本人のビジュアルを主人公に当ててしまいますよね。
ちなみに、ご本人はこんなお方↓
http://www.webdoku.jp/rensai/sakka/michi59.html

それが、長谷川博己になるとは・・・(略w


キャスティングとしても悪くないと思いますし、作家本人の評価も悪くないみたいですので、連続ドラマとは行かなくても、次回作も希望するところです。
家人にすこぶる評判の悪いノリリン独得の気持ち悪いエンディング?というはありますが、ねー

一の悲劇 (祥伝社文庫)一の悲劇 (祥伝社文庫)
法月綸太郎

祥伝社 1996-07-20
売り上げランキング : 264

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/09/29(木) 22:20:09|
  2. な行作家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鰻と女子、ふるさと納税「そもそも」 | ホーム | 島田荘司「御手洗潔と進々堂珈琲」読。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yomiato.blog40.fc2.com/tb.php/583-e94e190c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。