FC2ブログ

よみあとろぐ

40代サラリーマン徒然日記、雑記。日々読了本、興味を持った本(主にミステリー、ビジネス書っぽいの)ほか個人的備忘録。ときどき愚痴。*本や映画のこと書きますが、ネタバレは基本ありません。たぶん。

秒速5センチメートル →君の名は。

アラフォーな小生に「映画『君の名は。』観た?」と聞かれることは、まず無いですが、これだけ流行っていると気になるもの。
http://www.kiminona.com/index.html
とは言え、アニメ映画をオッサンが一人観に行くなんて、そんなそんな・・・な昨今、いかがお過ごしですか?

アニメなのに(偏見?)実際の場所をモデルにしているので、巷では「聖地巡礼」な現象も起こっていると話題。
*【聖地巡礼】『君の名は。』の舞台になった場所まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2147236145900542001
誰も来ない古い田舎町が~失礼素朴な何気ない風景が!
面倒な雨に濡れた歩きにくい都会のアスファルトが~ビル、信号などの街灯りでそっと明るくする路上の水たまりが!
素敵なところかと。。。
聖地巡礼される方のお気持ちとは全く違う思考だと思いますが、映画の美しくキラキラとした映像と実際の写真を見比べると、いかにアニメーションが「つくられたもの」か思うわけです。

さて、同作新海誠氏の一冊をキヨスクで発見。
新幹線移動2時間半のお供(文庫本)が無かったので、缶ビールと共に購入。
*どうしても読みたくて買ったわけではない風にすることご容赦下さいw
小説 秒速5センチメートル (角川文庫)小説 秒速5センチメートル (角川文庫)
新海 誠

KADOKAWA/メディアファクトリー 2016-02-25
売り上げランキング : 78

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


よくある?小説やアニメの原作から映像化ではなく、著者が監督したアニメーション映画をノベライズ化されたもの。
映画を観ていなくても楽しめるような設計だが、相互補完の部分、映画とは意図的に違えた部分もあり、両方だとより楽しめるという仕組みらしいです。



アニメーションの美し過ぎる情景が、細やかに文章で描写されているから?、ある意味しつこい状況表現。
古館伊知郎がかつてプロレス実況の練習のために、山手線から見える景色を実況していった?なんて聞いた気がするのを思い出し、自分が常日頃目にしている何気ない風景も言葉や文字にしてみたらどうなるだろうか?と思うのであります。
無理だろうけど。
そんなわけで、自分が如何に何も考えずに生きているのか、と反省しながら読みました。


桜の花びらが落ちるスピードは秒速5センチメートル
雨は秒速5メートル
雲は秒速1センチ
・・・ふうん。

いつの間にか誰かを好きになり、そして自然と付き合うようになり、
些細なことで相手を傷つけ、同じように自分も傷ついたりする、
でもそこに幸せが、、、なんて恋愛してますか?
いや、したことありますか?覚えてますか?

「小さな恋の物語」
主人公は「じぶん」を探し、「じぶん」を取り戻す。
そして、前を向いて生きる。

たまには、おっさんもそんな話に夢中になってもいいかもしれない。キモイけど。

小説 君の名は。 (角川文庫)小説 君の名は。 (角川文庫)
新海 誠

KADOKAWA/メディアファクトリー 2016-06-18
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


というわけで、映画「君の名は。」については、どなたかが「一緒に観に行こう!」とお誘いしてくだされば、「マジで?しょうがねえなぁ」という体ですが、笑顔で同行させて頂きますので、お声かけ下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/09/20(火) 23:13:26|
  2. 戯言・その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<島田荘司「御手洗潔と進々堂珈琲」読。 | ホーム | 深夜の裏路地人気ラーメン。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yomiato.blog40.fc2.com/tb.php/582-65aab477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)