よみあとろぐ

40代サラリーマン徒然日記、雑記。日々読了本、興味を持った本(主にミステリー、ビジネス書っぽいの)ほか個人的備忘録。ときどき愚痴。*本や映画のこと書きますが、ネタバレは基本ありません。たぶん。

映画「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」観たよ!


自称ミステリーファン、島田荘司「御手洗潔シリーズ」も数作読んでいる小生としては、久しぶりに劇場へ!
金券ショップで前売買っても1380円。
映画って高いのね、、、

映画「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」
http://www.mitarai-movie.jp/

映画化を拒み続けていた(らしい)島田氏が出身である広島県福山市のために!
ということなのでしょうか?

通常は、小説が映画化されると、ケチつけたくなる性格の小生ですが?いやいやおもしろい。
御手洗潔が格好良すぎるけどおもしろい。
広瀬アリスがイマイチな芝居でもおもしろい。

そして、主演の玉木宏が男前すぎる!
館内の8割が女性w


「死体が流れ着く島」にはじまり、「外国人の変死体」「豪雨の中の謎だらけの事件」「首長竜の目撃談」それに「江戸時代の水軍の歴史」と「地元企業の過去」が複雑に絡んで云々・・・

「この話って必要?」ってのも繋がっているけど、やっぱり本筋とは関係ないとかw
福山市がんばった感、、?

映画館で観るべきなのか、テレビでもいいのか、と言えばアレなんですが、小生は一早く観たかったもので。


ところでなんとなく「次回もあるかも?臭」の終わり方に感じたのですが、どうなんでしょう?
ミステリーファンとしては、もっと渋い展開を期待するのですが、映画化にはお金が要るし、やっぱり女子ウケ&メディアウケする配役にしないといけないんでしょうね。

次回は石岡くんの登場に期待しつつ、ガリレオとは全然違う色合いだよね!という映像化を一ファンとして望みます。

星籠の海(上) (講談社文庫)星籠の海(上) (講談社文庫)
島田 荘司

講談社 2016-03-15
売り上げランキング : 8441

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


星籠の海(下) (講談社文庫)星籠の海(下) (講談社文庫)
島田 荘司

講談社 2016-03-15
売り上げランキング : 56586

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画とは、ちと違う感じらしいので、そのうち読みます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016/06/16(木) 00:19:15|
  2. さ行作家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「あなたに似た街」読。 | ホーム | とある休日。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yomiato.blog40.fc2.com/tb.php/550-d6a0358c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)