FC2ブログ

よみあとろぐ

40代サラリーマン徒然日記、雑記。日々読了本、興味を持った本(主にミステリー、ビジネス書っぽいの)ほか個人的備忘録。ときどき愚痴。*本や映画のこと書きますが、ネタバレは基本ありません。たぶん。

県庁そろそろクビですか? 「はみ出し公務員」の挑戦

地方創生やら1億総活躍、、、とか叫ばれる昨今。
皆様方に置かれましては、行政の方々とお仕事されることも増えているのではないでしょうか?
「公務員ええなぁ~」と思ってたことも相当あるし、今も少しは羨ましく思っている民間サラリーマンの小生ですが、
組織が大きいだけ、いろいろな人がいるものです。







県庁そろそろクビですか?: 「はみ出し公務員」の挑戦 (小学館新書)県庁そろそろクビですか?: 「はみ出し公務員」の挑戦 (小学館新書)
円城寺 雄介
小学館 2016-02-01
売り上げランキング : 179
Amazonで詳しく見る by G-Tools

どこの組織にもいると言えばいる?
内部には、またあのスタンドプレー野郎が、、、という目で見られ、外からは、妙にチヤホヤされる人種?の話。
異動先での現場主義。
自らの仕事は徹底的にやった上での、プラスワン活動にアフターファイブ活動。
全国から講演を依頼され、「お役所仕事」変革のために走り続けている・・・
お役所版「半沢直樹」?
えぇ、かっこいいじゃないですか。
正直、こういう類の話は嫌いです。
自分の思うがままに税金を使って、オレやったった、、、という自己満足。
自分の仕事はきっちりやってた上で、、、という勘違い。
現場主義でいろいろな人たちの意見を聞き、、、というチヤホヤされていい気になり。
講演会で話して下さい!○○の委員になってください!、、、忙しいんだけど、断れないオレ困るな…なんて言ったりして?
この著者が、そんな人間でないことは、「出版することにマイナスしかない」と書くくらいなので、分かるのですが、
これを読んだ、地方行政職員が「大いなる勘違い」をしないことを願います。
相当の努力と犠牲が必要です。
著者ぐらい突き抜けてしまう前に、つぶれないように。
上辺だけ真似する行政マンが発生しませんように。
題材としては、地方活性化が叫ばれる時代にピッタリかもな?
売れるかな?
小学館がんばれ!
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/01/31(日) 15:52:00|
  2. ビジネス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<人様から評価されるということ | ホーム | 歌詞イロハかるた。 >>

コメント

あーまさに、そのとおりの御人です。この著者の方。
本で言ってることとやっていることのギャップが大きすぎて現場では誰もついていく人がいないようです。
  1. 2016/02/21(日) 09:33:49 |
  2. URL |
  3. 窓際 #BhR/k/sg
  4. [ 編集 ]

同感!

政策を立てるのは政治家です。立法をし、それに予算をつけるのは議会です。その議員を選ぶのは住民です。
「〇〇を成し遂げました」といいますが、それは、あなたのお金でやったのですか?あなたが人に民主的な負託を受けてやったのですか?
あるいは、(例えばであるが)住民から手厳しい批判を受ける、公務員の処遇問題について、自分の身を切ることはできるのですか?
確かに、これまでは、いわゆる役人のイニシアチブによってなされた「いいこと」があったかもしれませんが、その役人は「いいことやりました!」といって出しゃばりません。また、行政の実行過程における役人でなければ気づかない小さな問題を見つけて、役人がそれを指摘することはあるかもしれませんが、あくまで、それを取り上げるのは政治家であるし、ましてやもっと大きな枠組みの政策決定こそは政治家あるいは立法機関においておこなれるべきなのであります。
おそらく、この本の著者は、地方自治、法治主義、民主主義といった根本概念をわかっていないのではないでしょうか?
  1. 2016/02/21(日) 19:38:26 |
  2. URL |
  3. 鮫島将太 #oh.DTzXo
  4. [ 編集 ]

Re:

コメントありがとうございます。

小生は著者にお会いしたこともないので分かりませんが、こういう本に勘違いした格好ばかりの地方公務員が全国にわらわら出てこないことを祈るばかりです、はい。
  1. 2016/02/21(日) 21:01:45 |
  2. URL |
  3. よみあと #-
  4. [ 編集 ]

Re: 同感!

コメントありがとうございます。

小生は地方自治、法治主義、民主主義といった根本概念?正直詳しくないですが、税金を預かる行政マンが、自分で金を集めるリクルートなんかの営業マンみたいに、「オレやったった!」なんて顔するのは、ちと違う気がした迄で。
著者にそんなつもりは無いのかもしれませんし、いろいろな感想がある、という事は承知の出版と思いますので。
  1. 2016/02/21(日) 21:24:15 |
  2. URL |
  3. よみあと #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yomiato.blog40.fc2.com/tb.php/520-756dd5cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)