FC2ブログ

よみあとろぐ

40代サラリーマン徒然日記、雑記。日々読了本、興味を持った本(主にミステリー、ビジネス書っぽいの)ほか個人的備忘録。ときどき愚痴。*本や映画のこと書きますが、ネタバレは基本ありません。たぶん。

歌野晶午「絶望ノート」

タイトルがブラックな以上に中身がブラックな1冊を読了。
絶望ノート絶望ノート
歌野 晶午

幻冬舎 2009-05
売り上げランキング : 242149

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


絶望ノート (2009-05)  (「BOOK」データベースより)
いじめに遭っている中学2年の太刀川照音は、その苦しみ、両親への不満を「絶望ノート」と名づけた日記帳に書き連ねていた。そんな彼はある日、校庭で人間の頭部大の石を見つけて持ち帰り、それを自分にとっての“神”だと信じた。神の名はオイネプギプト。エスカレートするいじめに耐えきれず、彼は自らの血をもって祈りを捧げ、いじめグループ中心人物の殺人を神に依頼した。「オイネプギプト様、是永雄一郎を殺してください」―はたして是永はあっけなく死んだ。しかし、いじめはなお収まらない。照音は次々に名前を日記帳に書きつけ神に祈り、そして級友は死んでいった。不審に思った警察は両親と照音本人を取り調べるが、さらに殺人は続く―。


気になる伏線か?と思うところも消化なく終わってしまったり、
終盤には予想できそうな流れになるところも、
上回るストーリー描写と個性あるキャラクターでカバー?


あ~ここは怪しい?とか思いながら、
トリックネタ探しをしながら、ついつい読んでしまうのですが、
虐めのつらい描写、やるせなさに引き込まれてしまうのが、
読者としては吉です?

個人的には、トリックを楽しむというよりも
暗い!読後の気分も悪い!系でお気に入りの1冊かなとw


変えられないから運命なのではなく、変わるのが運命だ。

運命は変えられる。
未来は変えられる。

ということは、いま直面している現状、状況も変えられるはずだ。


ただ、その「今」を変えることの難しさ。

「今」を変えようとしなければ、「未来」は変えられない。

イマジン ジョン・レノン 特別版 [DVD]
イマジン ジョン・レノン 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-11-25
売り上げランキング : 69905


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/08/15(月) 10:56:37|
  2. 歌野 晶午
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<片岡義男「木曜日を左に曲がる」 | ホーム | 見えてますか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yomiato.blog40.fc2.com/tb.php/264-693bf41e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)