FC2ブログ

よみあとろぐ

40代サラリーマン徒然日記、雑記。日々読了本、興味を持った本(主にミステリー、ビジネス書っぽいの)ほか個人的備忘録。ときどき愚痴。*本や映画のこと書きますが、ネタバレは基本ありません。たぶん。

「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」

まいど。

昔も今も人の悩みの根本は一緒。
小生も悩み多き青年?としてパラパラと。


prime読み放題対象(20190820現在

哲学というと敷居が高そう!な方もすんなり入る一冊かと。


日常考えることを、著名な哲学者の言葉で、なんとかしちゃいますw

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
■仕事
「将来、食べていけるか不安」 ⇒アリストテレスが答えを出しています。
「忙しい。時間がない」 ⇒アンリ・ベルクソンが答えを出しています。
「お金持ちになりたい」 ⇒マックス・ウェーバーが答えを出しています。
「やりたいことはあるが、行動に移す勇気がない」 ⇒ルネ・デカルトが答えを出しています。
「会社を辞めたいが辞められない」 ⇒ジル・ドゥルーズが答えを出しています。

続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2019/08/21(水) 23:57:22|
  2. 思考・哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひろゆき「論破力」読。


まいど。

皆様のお会社に置かれましては様々な決算期があるかと存じますが、世の中的には4月~3月の年度会計をされているところが多いかと、、、ご多忙な折と存じます。
さて弊社も4月~3月の期でございまして、今期の最終的な纏め、成績、来期の見通し、予算の設定、計画など、
様々の階層、プロジェクトにおける「社内会議」を乗り越える時期になるわけです。

営業マンの方々は数字や成績が絡んだ会議であれば、「気が重いなー」という人も多いかもしれません。

そんな中、、、
「会議に意味はあるか?」
「会社の社内会議というものは、おいらは無駄だと思っています。」
と述べる西村ひろゆき氏の著書読了。



言わずと知れた「2ちゃんねる」の開設者の思考回路は実に痛快!
どこかで読んだことあるようなところも多いけど、「社内会議もセレモニー、エンタメ」という彼の話もエンタメであり、おもしろい。

続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2019/02/09(土) 22:31:35|
  2. 思考・哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「論理ガール 〜Lonely Girl〜 人生がときめく数学的思考のモノガタリ」読。


まいど。

ゴリゴリ文系と自覚する小生ですが、帯の「先輩、恋愛ってコスパ悪くないですか?」に、まんまと釣られましてな。。。
「数学的・青春自己啓発小説」という謎ジャンルな書を一気読み。

論理ガール 〜Lonely Girl〜 人生がときめく数学的思考のモノガタリ論理ガール 〜Lonely Girl〜 人生がときめく数学的思考のモノガタリ
深沢真太郎 小谷俊介

実務教育出版 2018-08-31
売り上げランキング : 3600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


母校で講演した28歳ホテルマン文系男子と数学オタクの孤独な女子高生。
正反対な2人の対話を通じて、話はすすむわけですが、どんどん引き込まれます。


人間関係 ~人間関係を最適化
お金 ~等式化でお金の不安から自由に
仕事 ~仕事にときめきを
遊び ~数学的思考で要領よく
恋愛 ~確率論で論理だけでは生きられないことを証明する
未来 ~人生における「納得」の数を最大化


数字で計算して生きるという意味ではなく、論理的に考え、解決すること。
そして、違った価値観、感情、感性を持った人間が意思を通わし、心を近づけていく。

「数学なんて、何の役に立つの?」なんて言わせない。


計算や数字は苦手でも、何かを考えたり、何かを他人に説明したりする時、悩み課題に直面した時、自然に物事を論理的に考えてますよね?少しは。

~実は身近にある「数学」

何だか「気づき」の多い一冊でございます。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2018/09/23(日) 00:22:26|
  2. 思考・哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「私の死亡記事」読。

まいど。

過日、実家の整理をしておりますと「私の死亡記事」なるものを発見し、思わず再読する。

2000年8月に執筆依頼状を送り、102名の死亡記事が編纂された企画。
ルールは簡単である。
三人称で。名前、生年月日、出身地、現在の肩書は事実を書いてほしいが、
没年(当然架空)、経歴、代表作は自由。
既存の形式にとらわれず、おまかせ。

なんとウィットに富んだ企画であろうか。

私の死亡記事 (文春文庫)私の死亡記事 (文春文庫)
文芸春秋

文藝春秋 2004-12-01
売り上げランキング : 581711

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2004年の文庫化にあたり追加された12名をあわせての文庫化。
この4年の中でも数名が無くなり、今現在2018年においてはさらに多くの方が現実に亡くなっている。合掌。

ちなみに執筆者は皆まで書かないが、、、、

阿川弘之、阿部譲二、阿刀田高、嵐山光三郎、荒俣弘、泉麻人、荻野アンナ、小沢昭一、ガッツ石松、
桐野夏生、黒川紀章、児玉清、小林カツ代、佐木隆三、篠沢秀夫、鈴木健二、関川夏央、妹尾河童、
高野孟、高峰秀子、立松和平、俵孝太郎、筒井康隆、田辺聖子、中村敦夫、夏目房之介、馬場あき子、
林望、ひろさちや、堀田力、穂村弘、みうらじゅん、南伸坊、森毅、山本夏彦、横尾忠則、米原万里、渡辺えり子、などなど。

続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2018/05/10(木) 00:29:41|
  2. 思考・哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひろゆき「無敵の思考 ―誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21」読。


まいど。

ひろゆき氏のこと、好き嫌いはさておき、わりと(こっそり?)リスペクトしています。
理論的なモノの考え方、知識情報量には感心し、「頭がいい」とはこういう人のことを言うのだろう、、、と私が幾つかのネット放送を見た限りでは思っております。

まぁ、小生が読んでも無敵にもなれないが、こんな本が出版されるひろゆき氏は無敵だと思うわけで。
読了。
無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21
ひろゆき

大和書房 2017-07-08
売り上げランキング : 1702

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


選ぶのをやめる。ルールをつくる。
なんでも食べる。
仮説を立てる。
買い物は「思想」と「機能」に分ける。
・・・などなど。

論破されない為の技はあまりなく、
どこかで聞いたことある話?と思ったら貴方はひろゆきマニアw

続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/11/09(木) 22:18:19|
  2. 思考・哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ