FC2ブログ

よみあとろぐ

40代サラリーマン徒然日記、雑記。日々読了本、興味を持った本(主にミステリー、ビジネス書っぽいの)ほか個人的備忘録。ときどき愚痴。*本や映画のこと書きますが、ネタバレは基本ありません。たぶん。

麻耶雄嵩「あいにくの雨で」読。

まいど。

漢字に弱いつもりはないのですが、登場人物に難しい漢字、読み方、キラキラネーム?されると、苦手な方の小生です。

創作物にどこにでもあるような名前もいかがなものかと思いますが、
読める?片仮名の方がよくね?男なん女なん?ブツブツ…

まぁ、オレのことは気にするな、早く行け、、
てなわけで、以下読了。


麻耶雄嵩本なので
「最初からトリック明かすか?」と思いっきり身構えて読みはじめるわけですが、
斜め上くらいの「着地」で十分楽しめます。


雪に囲まれた廃墟の塔で起こった密室殺人。
発見者は卒業間近の高校生3人。
殺されたのは親友の父親で、8年前に同じ塔で起きた殺人事件の容疑者逃亡中だった。
真相究明に乗り出す高校生。

そして街に起こる次の殺人。
並行して高校生徒会の権力闘争とスパイ活動。

なんじゃこりゃ?と思うが、深い事は気にしない。
だって「麻耶雄嵩」だから。

とりあえず、学校、生徒会、親友・・・らが登場しても決して青春小説ではない?
ということだけは断言しておきます。


あぁ、青春してーなーwww

現場からは以上です。
スポンサーサイト



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2018/10/15(月) 00:52:06|
  2. ま行作家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麻耶雄嵩「隻眼の少女」読。


まいど。

和食が好きですけど、ハンバーグもオムライスも好きです。
観光料理もエスニックもたまには食べたいです。
嫁(彼女)が圧倒的に好きですけど、たまには〇〇?
王道ミステリー小説が好きですけど、たまには…

所謂雑食な皆様こんにちは。
*一般論です。



おそらく「たまには…な部類」の一冊読了。
隻眼の少女 (文春文庫)隻眼の少女 (文春文庫)
麻耶 雄嵩

文藝春秋 2013-03-08
売り上げランキング : 102561

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2011年
第64回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)
第11回本格ミステリ大賞




続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2018/04/16(月) 00:13:00|
  2. ま行作家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麻耶雄嵩「メルカトルかく語りき 」読。

まいど。
ミステリーファンではありますが、ドMではありません。

ふらりと寄った古本屋で見つけたもので捕獲。


サイン本?

単行本出版当初話題になったもので、既読ではあったものの、こんな奇妙なミステリーは手元に置いときたいと思い購入、再読。
全編短編のアンチミステリ。
やっぱり、なんやこれ感ありますなw最高。

メルカトルかく語りき (講談社文庫)メルカトルかく語りき (講談社文庫)
麻耶雄嵩

講談社 2014-05-15
売り上げランキング : 32213

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(文庫あとがき:円居挽)
ミステリが読みたい! 2012年版 2位
本格ミステリベスト10 (2012) 2位
このミステリーがすごい! (2012) 7位

「メルカトルは不可謬ですので、彼の解決も当然無謬です」

真実、事実、大事なこと。
それって何でしょうな?
人それぞれ。世間で思われること、自分(読者)が思うこと、メルカトル鮎が思うこと…

以下、多少のネタバレあり、ご注意を。
*本作メモに際し、ネタバレ皆無というは無理でしょ?w




続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/10/23(月) 21:18:33|
  2. ま行作家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

円居挽「丸太町ルヴォワール」読。

まいど。

京都を舞台としたドラマ、小説は無数にあり、タイトルに地名を使った作品も数ありながらも、「丸太町」って!?
たまに京都に仕事に遊びに呑みにでかけるものの丸太町周辺にはご縁がない小生。
京都御所?
いい店あったら教えてくださいw

そんなこんなで、不思議ミステリーを読了。

丸太町ルヴォワール (講談社文庫)丸太町ルヴォワール (講談社文庫)
円居挽

講談社 2012-09-14
売り上げランキング : 60096

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

めくるめくどんでん返し! 注目度No.1のミステリ
「ミステリが読みたい!」新人賞国内部門第2位(2011)
「このミステリーがすごい!」国内部門第11位 (2011)


するすると話は頭に入ってくるも、やっぱり難解な作。
京都大学ミステリ研究会OBの円居氏が描く叙述。

円居著作は、一部からラノベっぽい扱いされることも聞き、少し敬遠しておりまして、
今回初読だったのですが、なかなか手強いw

~ぼくの初恋にまつわる話をしましょうか~
続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/10/10(火) 00:40:44|
  2. ま行作家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

群ようこ「小福歳時記」読。


まいど。
暑い日が続きますな。
そんな日は、ダラダラ、ごろごろしながら、ぬるくなっていくビールを口に含み、1954年生まれ素敵オバサマのエッセイを捲ります。

小福歳時記 (集英社文庫)小福歳時記 (集英社文庫)
群 ようこ

集英社 2013-07-19
売り上げランキング : 364168

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


正月と土用、重点的体調強化月間、物欲とのつきあい、猛暑を乗り切る、質素な食事、将来のお金、いらないものはいらない、
など20編が収録。

ひとつひとつのエッセイは、軽妙、正直、心地いいというやつでしょうが、
小生が気に入ったのは、絵本作家もとしたいづみ氏の「解説」!
彼女、かつて群ようこが勤めていた「本の雑誌社」(当時の編集長:椎名誠)に学生アルバイトしたそう。
当時の印象や同社の雰囲気の方が、気になるわぁと。

もはや、エッセイとは何の関係もないですが、
それも全ては「夏のせい」ということで。


本日皆様にお伝えしたいことですが・・・

「仕事は何でも辛くて楽しい」
がんばらない、しがみつかない、無理しない!

現場からは以上です。

レモンパイはメレンゲの彼方へレモンパイはメレンゲの彼方へ
もとした いづみ ねもときょうこ

ホーム社 2016-09-26
売り上げランキング : 468669

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  1. 2017/07/29(土) 10:45:53|
  2. ま行作家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ